日光蕁麻疹を食べ物で治療

酢リンゴ焼きで日光蕁麻疹と紫外線アレルギー対策!

酢リンゴ焼きで日光蕁麻疹と紫外線アレルギー対策!

日光蕁麻疹の光アレルギー、日光アレルギー(紫外線アレルギー)による症状を和らげるには、薬はもちろん使ってもいいのですが、

 

 

 

 

それだけに頼らずに、普段の食生活を見直すことでより一層効果的な治療を行うことができます。

 

 

 

 

そこで今回紹介するのは、酢リンゴ焼きによる日光蕁麻疹などのアレルギー症状の改善についてです。

 

 

 

 

酢リンゴ焼きとは、その名のとおり、焼いたリンゴにお酢を加えた料理で、本来は乾燥肌やかゆみ、むくみに効果があるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酢といって苦手とされる方もおられるかもしれませんが、リンゴを焼いてからお酢をかけることで、匂いもだいぶ抑えられますし、リンゴの果汁で酸っぱいどころか、甘く感じられます。

 

 

 

 

しかも、残った汁もフルーティで、美味しくいただけますし、なにより焼いて食べるので、1個分のりんごを使っても意外とぺろりと食べることができてしまいます。

 

 

 

 

満腹感も十分に得られますから、余分なものを食べて体に溜め込む心配もありません。

 

 

 

 

この酢リンゴ焼きが、日光蕁麻疹にどう影響していくのかについてですが、ポイントはそこに含まれているポリフェノールです。

 

 

 

 

酢リンゴ焼きを食べると、まずお通じがよくなり、尿量も増えます。

 

 

 

 

これは、リンゴの食物繊維やカリウムの作用によるものです。お通じなどがよくなることで、体に溜まった毒や老廃物を排泄しやすくなります。

 

 

 

 

また、便や尿がたくさん出るようになると、水分代謝がよくなり、むくみが改善し、顔や足もすっきりしていきますし、

 

 

 

 

なによりリンゴのポリフェノールは、アレルギーを抑える作用がありますので、日光蕁麻疹の光アレルギーや日光アレルギー、紫外線アレルギーも含む、色んなアレルギーに効果があります。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

このアレルギーを抑える作用によって、蕁麻疹が出たときに起こるかゆみなどを抑えることができるのです。

 

 

 

 

この効果を最大限に活かしたいのであれば、リンゴだけでなく、そこから出た汁も一緒に飲まれることをオススメします。

 

 

 

 

それによって、リンゴに含まれる栄養素を一気に取ることができますので、より抗アレルギー作用を期待することができます。

 

 

 

 

日光蕁麻疹や紫外線アレルギーも、元はアレルギーから起こるものですから、ぜひ酢リンゴ焼きを用いた食習慣を身につけてみてください。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ