日光蕁麻疹を食べ物で治療

日光蕁麻疹と紫外線アレルギーをビタミンAで対策

日光蕁麻疹と紫外線アレルギーをビタミンAで対策

日光蕁麻疹や紫外線アレルギーのような皮膚の病気を治していくには、薬などの治療もそうですが、元をたどれば何より普段の食生活を見直すことが重要になっていきます。

 

 

 

 

その普段の食生活を見直す中でも今回お伝えしたいのは、ビタミンAについてです。

 

 

 

 

ビタミンAは「目のビタミン」と呼ばれ、目の病気にかからないよう健康に保っていくには、このビタミンAが必要不可欠なのですが、皮膚の健康を保つ上でも欠かすことができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるのです。この部分においては、日光蕁麻疹や紫外線アレルギーのような皮膚の病気とも関係してくると思います。

 

 

 

 

ここでいう粘膜とは、目や口の中、のど、呼吸器、消化器など、全身のいたるところに有り、外界から運ばれたウイルスや細菌が侵入しないように守っています。

 

 

 

 

ビタミンAは、こうした粘膜や皮膚の形成に欠かせません。

 

 

 

 

よく、「風邪の予防にビタミンAが大事」というのは、鼻や喉の粘膜を刺激して、ウイルスの侵入を防いでくれるからです。

 

 

 

 

また、ビタミンAが不足すると肌の代謝が悪くなって、様々な皮膚の症状を引き起こすことになります。

 

 

 

 

にんじんに含まれているのはビタミンAではない?!

 

 

 

 

よく、野菜の人参にはビタミンAが多いということが言われていますが、正確にはこれは間違いです。

 

 

 

 

なぜなら、ビタミンAそのものは肉や魚、乳製品などの動物性食品にしか含まれていないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、人参などの植物性食品に含まれているビタミンAは何かというと、「カロテン類」になります。

 

 

 

 

これは、動物の体内に入って初めてビタミンAに変わるため、「ビタミンAになる前のもの」という意味で、「プロビタミンA」とも呼ばれています。

 

 

 

 

カロテンとは、野菜や果物などの色素のことで、緑黄色野菜に多く含まれています。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

このカロテンですが、このたぐいは、やや吸収されにくいのが難点で、油に溶ける性質を利用して油炒めにしたり、サラダの場合は油を使ったドレッシングをかけると吸収が良くなります。

 

 

 

 

ちなみに、ビタミンAがより多く含まれているものは、鶏レバーに豚レバー、あん肝、うなぎ、銀だら、モロヘイヤなどです。

 

 

 

 

好き好みの分かれる食材が多いですが、レバーが苦手だという方は、野菜のモロヘイヤを食べられることをお勧めします。少し粘り気がありますが、茹でて和えると美味しいですよ。

 

 

 

 

是非参考にしていただいて、日光蕁麻疹や紫外線アレルギーなどの蕁麻疹を治すことに役立つような食生活の改善に取り組んでください。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ