日光蕁麻疹を自律神経免疫療法で治療

自律神経免疫療法の詳細な治療内容

自律神経免疫療法の詳細な治療内容

自律神経免疫療法は、色々な治療方法が有り、その治療の過程で起こる現象もまた独特です。

 

 

 

 

その独特な現象とはどういうものなのかというものとともに、どういう治療を行っていくのかについて、幅広く説明しておきたいと思います。

 

 

 

 

日光蕁麻疹のような蕁麻疹の病気は、多くが自律神経の乱れによって引き起こされるものですので、この自律神経免疫療法を理解して頂ければ、かなり役立つはずです。

 

 

 

 

それでは、本題に入っていきましょう。

 

 

 

 

まず、日光蕁麻疹などの病気に対して、薬を飲んだりして治療しようとする人が多いですが、

 

 

 

 

そういった医薬品には副作用も多く、本来の体の治癒力を活かす自律神経免疫療法でうまく効果を発揮することができません。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

そういう薬品に関しては、痛みやかゆみがひどくてどうしても生活できないという方に症状の2〜3割減らす気持ちで使っていただくのがいいでしょう。

 

 

 

 

また、病気の8割を占めるのは、ストレスによる交感神経の過緊張で起こりますが、残りの副交感神経が過度に優位になって発症する残りの2割の病気に対しては、

 

 

 

 

楽をしすぎないように生活を改善するために、体を適度に動かして血流を促すことや、気持ちにメリハリを持って生活すること、過食をやめることなどで自律神経のバランスが回復していきます。

 

 

 

 

生活を見直し、薬をなるべくやめる、ここから治癒の流れに入るわけですが、自律神経のバランスが大きく乱れている人には、バランスを回復する治療も必要になります。

 

 

 

 

代替療法は自律神経の調整作用に優れており、交感神経緊張状態にあれば、副交感神経を優位にし、副交感神経が過度に優位になっている場合は、交感神経を優位にしてバランスを整えます。

 

 

 

この代替療法には、気功、漢方、食事療法、鍼治療、植物療法などがありますね。

 

 

 

 

 

 

これらの治療法で共通するのは、自律神経免疫療法が病気治療に発揮できる理由の中に、「いやなもの反射」を誘導するというところです。

 

 

 

 

いやなもの反射とは、嫌なものや不快なものを跳ね返そうとする仕組みで、副交感神経が司っています。

 

 

 

 

嫌なものには、日光蕁麻疹の原因である日光や紫外線、または寒冷刺激、花粉、腐敗物などの他に精神的なショックも含まれます。

 

 

 

 

代替療法の多くは、このいやなもの反射を誘導する働きがあるのです。

 

 

 

 

例えば漢方薬には、独特の苦味やえぐみがあります。口の中に苦味が広がっていくと、体は「まずい、吐き出したい」といやなもの反射を起こし、唾液を分泌したり、尿の出を良くしたりします。

 

 

 

 

漢方が日光蕁麻疹などの蕁麻疹の他に、様々な病気に効果をあらわすのは、このように副交感神経の働きを引き出し、自律神経のバランスが整えられるからです。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

また、自律神経免疫療法では磁気針で治療点を刺激するという方法もあります。

 

 

 

 

チクッという痛みがあり、この痛みの刺激を排泄しようとして、副交感神経が優位になります。

 

 

 

 

実際治療を始めてみると、「体がポカポカ暖かくなってきた」、「トイレに行きたくなってきた」、「お腹がゴロゴロしてきた」ということがよくあります。まあこれが自律神経免疫療法の独特な現象です。

 

 

 

 

これらはいずれも、副交感神経が優位になってあらわれる反応です。この時交感神経の緊張も抑えられ、血流も良くなっていくんですよ。

 

 

 

 

これで、徐々に自律神経のバランスが良くなり、病気の治癒に向かっていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療中は自律神経の揺れが激しくなり、治癒反応も促されるので痛みや腫れが憎悪したり、発熱やほてり、全身倦怠などの不快な症状が次々に現れることがあります。

 

 

 

 

排泄能が亢進するため、ステロイド剤を長期に使っていた場合などは体内にたまった薬を排泄しようと湿疹がひどくなったり、皮膚の落屑が激しくなるという過程もあったりします。

 

 

 

 

しかし、これは悪化しているのではなく、治るためのステップであって好転反応です。

 

 

 

 

これが自律神経免疫療法などの自然療法の独特な現象なのですが、気にせずに日常生活を送っていただいても大丈夫ですよ。

 

 

 

 

このように、自律神経免疫療法では様々な現象が身に降りかかってきます。

 

 

 

 

でもそれは、体が治そうとする反応を示しているものであって、決して悪化しているわけではありません。

 

 

 

 

なので、日光蕁麻疹の治療に限らず、他の病気の治療にこの方法を使用する際は、あまり気にせずに生活するようにしてください。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ