日光蕁麻疹を日焼け止めで治療

日光蕁麻疹と紫外線アレルギーを日焼け止めで対策!【Q&A】

日光蕁麻疹と紫外線アレルギーの日焼け止め【Q&A】

この記事では、日光蕁麻疹を治療していく上で重要な、紫外線対策・日焼け止め対策における、よくある質問的な疑問点をいくつか挙げていき、Q&A形式で答えていきます。

 

 

 

 

日光蕁麻疹を治療していく際の日焼け止めは、通常の日焼け止めと同じく、共通している疑問点はいくつもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んで、日光蕁麻疹の日焼け止め対策をよりスムーズに行えるようにできればなと思います。

 

 

 

 

それでは以下より見ていきましょう。

 

 

 

 

日焼け止めは1年中必要ですか?

 

 

 

 

はい。紫外線は365日地表に降り注いでいます。

 

 

 

 

日焼け止めをぬらないでいると、日々のわずかな紫外線の影響で肌に少しずつ蓄積されていき、

 

 

 

 

日光蕁麻疹の症状が悪化したり、シミなどを作ってしまうことにもなりますよ。

 

 

 

 

紫外線が肌に与える影響は?

 

 

 

 

最も気を付けないといけないのが、生活紫外線です。なにげに外に出て、

 

 

 

 

気づかぬうちに紫外線を浴びてしまい、日光じんましんの発症につながる恐れがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間UVケア、紫外線対策をせずに2時間ずつ外出すると、海で1時間日焼けしたのと同じ量の紫外線を浴びることになります。

 

 

 

 

これは日光蕁麻疹の症状を悪化させる可能性が高いので、こうした生活を日々送っているのであれば、直ちに対策するのがいいです。

 

 

 

 

SPFとPAの違いがよくわかりません。

 

 

 

 

SPFは紫外線B波、PAは紫外線A波をさし、それらの防止を表す指標のことをいいます。

 

 

 

 

SPFはなにも塗らない肌と比べて、赤くなってヒリヒリする状態までの時間を何倍延ばせるかの目安を言い、

 

 

 

 

PAは真皮まで到達して直接的な紫外線の影響を与える紫外線A波のカット効果を示し、+(プラス)の表記が多ければ多いほど、効果が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光蕁麻疹における日焼け止め対策では、この+の表記がどれだけ多いかが重要になります。

 

 

 

 

効果的なUVケアの方法を知りたい!

 

 

 

 

日光蕁麻疹に向けた日焼け止め、紫外線対策は、クリームや乳液なら、顔全体で500円玉大の量をムラなく塗りましょう。

 

 

 

 

塗る量が少ないと、当然、UVカット効果も低下します。2時間おきを目安に、塗り直しも忘れずに!

 

 

 

 

日焼け止めの塗り方としてはまず、日焼け止めを手にとったら指の腹を使い、顔の内側から外側に向かって顔全体にムラなく伸ばしながら塗ります。

 

 

 

 

次に目頭、目尻、小鼻は塗り忘れしやすい部分ですが、紫外線が当たりやすいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日焼け止めを指先でぽんぽんと重ねるように塗ってください。手のひらで伸ばして透明にしてから重ねると、白くなるのを防げます。

 

 

 

 

曇や雨の日でも日焼け止め必要?

 

 

 

 

曇りの日や雨の日でも、紫外線はゼロにはなりません。

 

 

 

 

わずかな紫外線までケアするかは個人の価値観の問題にもなってきますが、

 

 

 

 

日光蕁麻疹が重症で、ちょっとの紫外線でも発症する場合は、怠らずに対策を行ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

紫外線の影響は肌などに蓄積されていきますから、基本的には日焼け止めをしておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

日焼け止めの種類が多すぎてどれを選んだらいいの?

 

 

 

 

日常生活ではSPF25、PA++程度のもので構いません。

 

 

 

 

レジャーなどでは、それよりも高めの数値のものを選びましょう。

 

 

 

 

ただ、SPFやPAにこだわるより、まずは肌に合うかどうかを見極めることが大切です。

 

 

 

 

以上が、日光蕁麻疹の日焼け止め対策でよく疑問となる点についてのQ&Aです。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ