日光蕁麻疹の原因になる薬

ケトプロフェンを含む医薬品は日光蕁麻疹を悪化させる

ケトプロフェンを含む医薬品は日光蕁麻疹を悪化させる

光線過敏症に属する日光蕁麻疹は、時に使用する医薬品によって悪化するケースがあります。

 

 

 

 

その一つがケトプロフェンというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケトプロフェンは、鎮痛作用や解熱作用を促すもので、チアプロフェン酸やスプロフェン酸、フェノフィブラート、オキシベンゾン及びオクトクリレンを含むサンスクリーンや香水に対して過敏症の既往症のある患者、

 

 

 

 

もしくは日光蕁麻疹のような光線過敏症を患っている患者に対しては、使用してはいけないものとされています。

 

 

 

 

さらに基本的な注意事項として、以下の項目があります。

 

 

 

 

  1. 使用中は戸外の活動を避け、日常の外出時も遮光すること。
  2. 使用後も当分の間日光や紫外線を注意すること。
  3. 異常が認められた場合、直ちに使用を中止し、患部を遮光して適切な処置を行うこと。

 

 

 

 

この3点を十分に注意していただきたいですね。

 

 

 

 

ケトプロフェンは光毒性を含んでいるため、皮膚に塗布したり、もしくは体内に取り込んでしまった場合、そのあとに日光や紫外線を浴びてしまうと、浴びた部分に日光に含まれる波長などが入り込んで、

 

 

 

 

それがケトプロフェンの光毒性と反応し、アレルギー反応を引き起こして、日光蕁麻疹やそのほかの光線過敏症の症状を引き起こして、悪化させてしまう危険があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軟膏剤という形で含まれていることが多いため、他の皮膚の症状で塗布することがあるかもしれませんが、そういった軟膏剤の場合は、

 

 

 

 

自分に光線過敏症の疑いがある場合は、まずは成分表示をみて、ケトプロフェンが含まれていないかを確認、もしくはドラッグストアの店員や担当の医者に聞いてから使用するようにしてください。

 

 

 

 

また、ケトプロフェンテープというように、日常的に使うような用品にも含まれていることがありますので、

 

 

 

 

軟膏剤以外にもクリーム剤やゲル剤、液剤、パップ剤、そしてテープ剤を扱う際にも、使用するにしても皮膚に付着しないよう気をつけなくてはいけません。

 

 

 

 

もし付着してしまった場合は、そこの部分の徹底的な遮光や、日焼け止め対策による紫外線回避を行いましょう。

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ