日光蕁麻疹の原因になる薬

日光蕁麻疹の原因薬剤『ニューキノロン系薬剤』とは?

日光蕁麻疹の原因薬剤『ニューキノロン系薬剤』とは?

日光蕁麻疹は光線過敏症の一種ですが、その日光蕁麻疹を引き起こす可能性のある薬剤があります。

 

 

 

 

それは『ニューキノロン系薬剤』です。

 

 

 

 

日光蕁麻疹も含む、光線過敏症を悪化させる薬剤は他にもいろいろあるのですが、中でもこのニューキノロンは、感染症などによく使われる、非常に使用頻度の高い薬として知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィキペディアでは以下のように記されています。

 

 

 

 


※ニューキノロンは、合成抗菌薬の系列の一つである。 DNAジャイレースを阻害することにより、殺菌的に作用する薬剤である。 キノロン系をもとに人工的に合成・発展させたものであり、作用機序はキノロンと同一である。

 

 

 

 

このニューキノロン系薬剤が、実は光毒性と光アレルギー性を持つ薬剤であるため、光線過敏症である日光蕁麻疹を患っている人には充分気をつけていただきたいのです。

 

 

 

 

光毒性は8位のフッ素が貢献すると考えられていて、これを含むものは光毒性が強いと定義されます。

 

 

 

 

この光毒性や光アレルギー性が強いと、日光や紫外線、可視光線などに強く反応して、それが当たった皮膚の部分に強い拒否反応を示させ、日光蕁麻疹などを引き起こすことがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この薬において、光線過敏症の頻度が高いのは、この光毒性が強いためです。

 

 

 

 

光アレルギー反応において、各ニューキノロンでは、光交差反応を起こすことが臨床的にも動物実験でも知られていて、

 

 

 

 

あるニューキノロン系薬剤で日光蕁麻疹などの光線過敏症を引き起こした場合、その薬以外のニューキノロン系全ての薬剤の使用を避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

ただ、あるニューキノロン系薬剤を内服して、光線過敏症である日光蕁麻疹などが生じたとき、果たして感作もその薬剤が誘導したかはわからないことも多いです。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

その反応自体が、別の薬剤などが原因で起こった可能性がありますので、一度病院に行って、担当の医師に診てもらうといいでしょう。

 

 

 

 

フォトパッチテストなどで、薬剤を塗布した部分などに紫外線を浴びせて反応を見る検査もありますので、

 

 

 

 

そういったところから、原因になっているかどうかを見てみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ