日光蕁麻疹を日焼け止めで治療

光アレルギーと日光蕁麻疹

光アレルギーと日光蕁麻疹

皮膚が日光に対して過敏もしくは異常反応を示すのは、必ずしも日光蕁麻疹とは限りませんし、アレルギー機序によるものでもありません。

 

 

 

 

それぞれの病因や発生機序が存在しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光線過敏性疾患は、内的な病的因子によるものと、化学物質や薬剤が原因となる外因性の疾患に分けることができます。

 

 

 

 

特に外因性の場合は、光毒性や光アレルギー性反応が見られることが多いです。

 

 

 

 

今回は、日光蕁麻疹も含めて、光アレルギーとは一体どういうものなのかについて、解説していきたいと思います。

 

 

 

 

光アレルギーとは?

 

 

 

 

日光により皮膚に発現する変化は、全て光生物反応です。光生物反応には、必ずここでは光科学反応が先行します。

 

 

 

 


※光生物反応とは、光が生物の生活・行動や発生・成長・分化と密接な関わりを持ち、生命活動に関わることで、光科学反応とは、物質が光を吸収して化学反応を起こす現象のことです。

 

 

 

 

この光のエネルギーを吸収する分子が存在しなければ、光化学反応は起こりません。

 

 

 

 

ということは、光アレルギーの反応には、この光エネルギーを吸収する分子が影響していることがわかってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の状態でも、この分子は皮膚に多く存在していて、吸収された光エネルギーが化学反応に利用され、光産物ができるのは普通のことです。

 

 

 

 

しかし、日光蕁麻疹も含めた光線型過敏症のような光アレルギーでは、患者の分子の中の一部の個体において、

 

 

 

 

光エネルギーを利用してできた産物が、免疫反応を作用させるような働きを引き起こさせたり、ハプテンという不完全な抗原が作られ、アレルギーが認められる場合があります。

 

 

 

 

これが光アレルギーです。

 

 

 

 

言ってしまえば、通常であれば問題がないようなものが光を受けることで産生されたとしても、

 

 

 

 

光アレルギーの場合は、体がそれを異常物とみなしてしまい、免疫反応として日光蕁麻疹などの光線型過敏症を引き起こすということです。

 

 

 

 

ちなみに、この光アレルギーもまた、光線型過敏症と同じく、外因性と内因性に分かれます。

 

 

 

 

以下より、今回は日光蕁麻疹に限定して見ていきましょう。

 

 

 

 

内因性即時型光アレルギーの場合の日光蕁麻疹

 

 

 

 

皮膚において、即時型アレルギー反応が引き起こされたら、かゆみの元となるヒスタミンなどが遊離し、

 

 

 

 

血管の透過性が進んで、真皮に浮腫を作り出し、やがて皮膚症状として、蕁麻疹を形成します。

 

 

 

 

これが光によって引き起こされた場合は、高確率で日光蕁麻疹の可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光蕁麻疹は、日光曝露の直後に蕁麻疹が出るのですが、大体は数時間で痕跡を残すことなく消えるため、蕁麻疹の持続時間はそこまで長くありません。

 

 

 

 

しかし、広範囲に日光蕁麻疹が発症した場合は、頭痛やめまい、吐き気を訴えることがあり、重症の場合はアナフィラキシーショックに陥ることもあり、かなり生活に影響の出る病気です。

 

 

 

 

こういったことを避けるには、日光の照射を避けていくという治療が一番だと思います。

 

 

 

 

この日光蕁麻疹は、光が完全にあたっている部分に発症するので、光の当たっていない部分には発症することはありませんからね。

 

 

 

 

日光蕁麻疹の原因となる光線の波長は、UVBやUVA、可視光線があります。

 

 

 

 

こういうところから見るように、日光蕁麻疹を治療していくには、おもにこの光線を避ける日焼け止めなどといった、紫外線対策が必要ですね。

 

 

 

 

日焼け止めクリームやサングラス、厚着など様々な対策を練って、日光蕁麻疹を治療していきましょう。

 

 

 

 

外因性即時型光アレルギー反応の場合の日光蕁麻疹

 

 

 

 

日光蕁麻疹の多くは、前述したように内的な原因を元として発症することが考えられるのですが、たまに薬剤などといった、外因的なものが原因になる場合もあります。

 

 

 

 

例えば、塩酸クロルプロマジンを使っていた患者の一部で、実際に即時型光アレルギーとして日光蕁麻疹を発症したケースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にそのデータは出ており、光パッチテストを行ったところ、塩酸クロルプロマジンによる光アレルギー反応と判定しました。

 

 

 

 

日光蕁麻疹としては例外ではありますが、日光や紫外線を避けるといった日焼け止めなどの治療や対策も重要ですが、使用している薬剤に関しても注意してください。

 

 

 

 

このように、光アレルギーと日光蕁麻疹は関連しています。ぜひここに書かれてある知識を活かして、治療に役立ててくださいね!

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ