日光蕁麻疹の原因になる薬

日光蕁麻疹の原因薬剤:テトラサイクリン

日光蕁麻疹の原因薬剤:テトラサイクリン

テトラサイクリンは、抗生物質の一種で、感染症などに多く用いられてきた薬の1つです。

 

 

 

 

でも実は、このテトラサイクリンが日光蕁麻疹のような光線過敏症の副作用を持っていることはご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってしまえば光毒性があるということで、この薬を内服したあとに外で日光及び紫外線、可視光線を浴びるとそれに体が反応して日光蕁麻疹などのアレルギー反応が出るというものです。

 

 

 

 

特に、テトラサイクリン系薬剤の中では、デメチルクロルテトラサイクリンとドキシサイクリンは強い光線過敏性物質であり、これらの薬による光線過敏症の例は多くあります。

 

 

 

 

抗生物質には、「殺菌的」に作用することで細菌を殺す抗生物質と「静菌的」に作用することで細菌増殖を抑える抗生物質の2種類があり、テトラサイクリンは後者の静菌的に作用する薬です。

 

 

 

 

また、テトラサイクリンはニキビにも使われる薬剤で、ニキビの場合テトラサイクリンは、ニキビの患部で脂肪が分解されるのを防ぐことにより 炎症を抑える働きがあります。

 

 

 

 

脂肪が分解して生じる脂肪酸が患部を刺激しニキビを悪化させるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、女性の方では特に、ニキビが気になってこのテトラサイクリン系薬剤を用いることが多いのですが、このテトラサイクリン系薬剤に光毒性があることは覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

でなければ、使用後にいきなり蕁麻疹などが起こり、何が原因で起こったのかわからなくなる危険があります。

 

 

 

 

そうならないためにも、あらかじめテトラサイクリンには光毒性があり、光に当たるとアレルギー反応を起こして日光蕁麻疹などの光線過敏症を引き起こす可能性があることは覚えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

ニキビを治そうとしたつもりが、余計に皮膚を悪化させて事態をどんどん悪くしてしまう典型的なパターンですので、気をつけてください。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ