紫外線アレルギーを日焼け止めで治療

紫外線アレルギーを日焼け止めで治療する基本ポイント

紫外線アレルギーを日焼け止めで治療する基本ポイント

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹などの紫外線を原因とする病気は、外に出ると常に浴び続けるため、日焼け止めクリームは常備しておかなくてはいけません。

 

 

 

 

紫外線アレルギーにかかっていることに早く気づけたらいいのですが、現実はいろんな病気の原因に惑わされて、

 

 

 

 

自分が紫外線アレルギーや日光蕁麻疹にかかっていることに気づかないことが多いです。

 

 

 

 

でも、もしそれに気づくことができたら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、あなたが紫外線アレルギーなどにかかっていることに気づいた時に、行うべきなのは日焼け止め対策なのですが、その中でも基本となるポイントがいくつか存在します。

 

 

 

 

この記事では、そんな紫外線アレルギーや日光蕁麻疹を抑える日焼け止めクリームに対策における基本的なポイントを解説したいと思います。

 

 

 

 

紫外線アレルギーには日焼け止めクリームは必要不可欠!

 

 

 

 

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹を対策していこうとするのであれば、もちろん、漢方薬の服用や食生活の改善、生活習慣の改善などは重要です。

 

 

 

 

しかし、そうした積み重ねが効果をあらわし、紫外線アレルギーや日光蕁麻疹が治癒し始めるまでには、なるべく紫外線や日光を浴びないように、日焼け止めクリームで対策する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出なければいいと考える人もいますが、普通に考えて、ずっと外に出ない生活を続けるなんて不可能ですよね?

 

 

 

 

何らかの形で、必ず外に出る羽目になって、紫外線を浴びることになると思います。

 

 

 

 

そうなると、こちらでなんとか日焼け止めで対策するしかありません。

 

 

 

 

また、紫外線は年がら年中降り注いでいますが、特に紫外線が強くなるのは春先から初夏にかけてで、この時期は肌の露出が増え始めますから、最も注意が必要になります。

 

 

 

 

それに、紫外線はガラスや衣類も通してしまうため、並の対策では対処できませんから、日焼け止めクリームを使ってより厳重な対策が必要なのです。

 

 

 

 

日焼けをしないためには、確実なのは日焼け止めクリームを塗ることで、肌の持つ日焼け止め機能をサポートしますから、オススメなのはこれですね。

 

 

 

 

他の紫外線アレルギー対策としては、紫外線防止効果のある帽子や日傘、衣類などを身につけるなどもありです。

 

 

 

 

日焼け止めクリームに求める基準!

 

 

 

 

知っている方は多いと思いますが、日焼け止めクリームには2種類のUV指数によって日焼け止め効果の目安が表示されています。

 

 

 

 

それが、SPFとPAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAはUVAを防ぐ効果を示す指数で、+、++、+++の3段階があり、+が多いのを選んだほうが、紫外線のUVAカット率は高くなります。

 

 

 

 

普段なら++、外に出ている時間が長い時やスポーツをするときは+++のものを使いましょう。

 

 

 

 

一方でSPFは、UVBを防ぐ効果を示す指数です。

 

 

 

 

数値で示され、50が上限で、50以上の効果があったとしても、50でしか表示されません。

 

 

 

 

SPFは紫外線にあたり、肌が赤くなり始めるまでの時間をどれだけ延長させられるかが評価の基準になってきます。

 

 

 

 

SPF30なら通常の30倍、SPF50なら50倍ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、実際は汗もかいたりして条件が変わってしまうため、30でも50でも2〜3時間を目安にしたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

一般的にはSPF30で大丈夫だと言われていますが、紫外線アレルギーや日光蕁麻疹の場合は、最低でも30以上のものを選んで欲しいですね。

 

 

 

 

僕たちは紫外線を避けて暮らすことはできず、生まれてから死ぬまで一生紫外線と共に生きていかなくてはいけません。

 

 

 

 

しかも、紫外線アレルギーや日光蕁麻疹が重症の場合は、わずかな紫外線で一気に悪化して、患者の生活を大いに害しますので、なるべくカット効果の高いものをオススメします。

 

 

 

 

以上が、紫外線アレルギーと日光蕁麻疹を日焼け止めクリームで対策する際の基本的なポイントです。

 

 

 

 

紫外線アレルギーを抑えるのであれば、ここに書いてあるポイントは最低限覚えておいてください。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ