日光蕁麻疹を日焼け止めで治療

日光蕁麻疹と多形日光疹の違い

日光蕁麻疹と多形日光疹の違い

日光蕁麻疹と同じく、日光や紫外線への肌の曝露によって引き起こされる病気があり、その症状も、引き起こされるまでの過程も、非常に似ている病気があります。

 

 

 

 

それが、多形日光疹というものです。

 

 

 

 

聞いたことがある人は、結構少ないのではないでしょうか?多分、日光蕁麻疹を患って調べまくっている人でも、この病気を知っている人は少ないと思います。

 

 

 

 

その名のとおり、日光蕁麻疹と同じく、日光や紫外線によって引き起こされるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前からくるニュアンスも似ているので、ついつい混同してしまいがちですよね。

 

 

 

 

でも、日光蕁麻疹と多形日光疹は、それぞれ大きく違いがありますので、今回はその違いについてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

多形日光疹とは?

 

 

 

 

多形日光疹は、日光蕁麻疹と同じく光アレルギーもしくは紫外線アレルギーに属し、日光が原因で引き起こされる皮膚の病気です。

 

 

 

 

その光アレルギーの中でも、この多形日光疹は、「内因性遅延型光アレルギー」に属します。

 

 

 

 

この内因性遅延型光アレルギーに関するデータや資料は少ないですが、皮疹の肉眼で見た感じと、その症状の経過などから、多形日光疹はこのタイプに属する可能性が極めて高いとされています。

 

 

 

 

多形日光疹とは、再発性でかゆみのある皮疹が露光部に出現し、日光照射によって新しく皮疹ができたり、憎悪するもので、

 

 

 

 

皮膚症状のスピードは遅く、日光に曝露して数時間〜数日で発生するという蕁麻疹です。

 

 

 

 

 

 

皮疹の形はおもに湿疹ですが、たまに局面型、紅斑型もあり、しかも薬剤摂取とは無関係に発症し、原因となる光の種類もUVAやUVBと様々。

 

 

 

 

その名のとおり、多くの原因によって引き起こされる光アレルギーまたは紫外線アレルギーです。

 

 

 

 

対処法としては、日光蕁麻疹と同様、日焼け止めや遮光サングラス、厚着による光のシャットアウトが効果的ですね。

 

 

 

 

日光蕁麻疹と多形日光疹の違い

 

 

 

 

日光蕁麻疹と多形日光疹の違いは、主に以下の点にあります。

 

 

  1. 日光蕁麻疹と比べて、多形日光疹は湿疹が多い。
  2. 日光を浴びてから皮疹が発生するまでの速度が違う。

 

 

それでは以下より見ていきましょう。

 

 

 

 

日光蕁麻疹と比べて、多形日光疹は湿疹が多い。

 

 

 

 

これは、肉眼で見た症状の違いです。

 

 

 

 

蕁麻疹の場合、かゆみを帯びて蚊に刺されたようなポッコリしたものができ、発症しても数時間で治るのがほとんどですが、

 

 

 

 

湿疹の場合は、かゆみを伴う紅いブツブツが体の一部に現れることが多く、少なくとも数日から1週間以上、この症状が続き、

 

 

 

 

症状が進むと大きな水疱(すいほう)になり、水疱は、やがて破れ、皮膚の表面がジュクジュクしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがひどくなるとかゆみを増し、悪化していくのです。

 

 

 

 

これが、湿疹と蕁麻疹の違いですね。

 

 

 

 

特に症状が引くスピードの速さを見比べたらわかるかと思います。

 

 

 

 

日光を浴びてから皮疹が発生するまでの速度が違う。

 

 

 

 

これが最も有効な見分け方かもしれません。

 

 

 

 

日光蕁麻疹の場合は、日光や紫外線が肌に触れると短時間の間に蕁麻疹が発症することが多いのですが、

 

 

 

 

多形日光疹の場合は日光に当たってから症状が出るまでの過程がすごく長いです。先程も言ったように、数時間後や数日後のレベルで、遅れて皮疹が発症します。

 

 

 

 

日光蕁麻疹を疑うのであれば、日光や紫外線にあたって早くに症状が出るかどうかを知ることが重要ですね。

 

 

 

 

その上で、どうやって治療し、自分で日焼け止めなどの紫外線アレルギー対策をどうやっていくのかを考えたらいいでしょう。

 

 

 

 

以上が、日光蕁麻疹と多形日光疹の違いです。

 

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

紫外線アレルギー対策で当サイトイチオシの日焼け止め

 

 

 

 

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹の原因である紫外線を防ぐには、日傘や遮光サングラス、UVカット効果のある衣服の着用などがありますが、やはり一番効果的なのがUVカット効果の抜群な日焼け止めクリームです。

 

 

 

 

体に直接塗りますので、抜け目なくしっかりと塗った部分を紫外線から守ってくれます。

 

 

 

 

でも、紫外線が特に強い春〜夏場って汗をかくことが多いですから、せっかく塗った日焼け止めクリームも流れ落ちてしまうことが多いでしょう。

 

 

 

 

市販で汗で流れにくい日焼け止めクリームはありますが、

 

 

 

 

紫外線吸収剤などの肌の弱い方には劇薬になるものが入っていることが多いため、中々汗で流れ落ちにくて、肌に優しい仕様のUVカットクリームを見つけるのは難しいと言えます。

 

 

 

 

そこで、当サイトでオススメさせていただいているのが、POLAの「ホワイティシモUVブロックシールドホワイト」で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日焼け止めクリームは、SPF50でPA++++と、紫外線をバッチリ防いでくれる他に、紫外線吸収剤などを使わずに汗で流れない仕様となっているなど、素晴らしい商品です。

 

 

 

 

その使用感や効果、ホワイティシモUVブロックシールドホワイトのデメリットなどを、実際に買ってみました!
 
 
 
 
試しに塗ってみた体験談も含めて、以下のリンクよりレビューしていきたいと思います。

 

 

 

 

POLA『ホワイティシモUVブロックシールドホワイト』レビュー 

 

 

 

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ