紫外線アレルギーの原因となる紫外線と季節の関係性

時間・季節・場所で変わる紫外線量

時間・季節・場所で変わる紫外線量

紫外線アレルギーや日光アレルギーの原因になる紫外線は、主に夏頃に急激に増えるイメージが有り、その時期にだけ日焼け止めなどの対策を行えばいいと思いがちですが、あなたはどうでしょうか?

 

 

 

 

おそらく、多くの人が、夏場の暑い時期だけ紫外線を防げばいいと思い込んでいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、紫外線アレルギーを抑え込み、対処していくには、夏場だけの日焼け止めでは足りない可能性があります。紫外線アレルギーの症状が重ければ重いほどです。

 

 

 

 

紫外線は、いつどんなときに降り注ぐものでしょうか。今回は、紫外線アレルギーの原因である紫外線が降り注ぐことについて、季節や場所などに分けて、特に気をつけるべき点をまとめて解説していきたいと思います。

 

 

 

 

夏場は紫外線が大量に降り注ぐ!

 

 

 

 

日本には四季があり、日本の地表に降り注ぐ紫外線の量は四季によって違い、特に夏場と冬場に大きな差を感じます。

 

 

 

 

そうした紫外線量の変動を知るためのデータとして、気象庁が1992年から全国4箇所で紫外線の量を月ごとに測っている記録があります。

 

 

 

 

そのデータをこちらで書籍などを読んで調べてみたところ、夏場は冬に比べて紫外線量が数倍高いことがわかりました。まあこれは当然といえば当然ですが、夏場の方が紫外線がきついわけです。

 

 

 

 

外に出て太陽を同じ時間に浴びても、夏は冬よりもたくさんの紫外線を浴びてしまうというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでさえ紫外線が強いのに、自然と薄着や皮膚の露出が多くなりますから、紫外線アレルギーの方にとっては最も苦しい時期だと言えるでしょう。

 

 

 

 

ただし、夏場だからといって紫外線量が最も多いのが8月とは限らないのです。紫外線量はその年の気象条件で変わり、

 

 

 

 

全国的なピークは7〜8月ごろだとされますが、梅雨のあいだの快晴の6月頃も紫外線が強くなることを忘れてはいけません。 

 

 

 

8月より少し前の時期から、紫外線アレルギーを悪化させてしまう環境要因が整ってきてしまっているので、早く日焼け止めなどの対策を行わなければいけないのです。

 

 

 

 

紫外線が強くなる時間帯とは?

 

 

 

 

今度は時刻別の紫外線量についてみていきましょう。

 

 

 

 

全体的に見ると午前10時から午後2時頃までが多く、特に12時前後に紫外線の量が一番多くなっていきます。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

ちょうど真昼間の時間帯ですが、太陽が真南にくるとき、すなわち南中時に紫外線は最も高くなることが多いのです。

 

 

 

 

ちょうど外出が多くなる時間帯で、友達と遊びに行ったり、用事で出かけたり、お昼ご飯を食べに行ったりと、

 

 

 

 

紫外線を浴びる機会がどうしても増えてしまう時間帯ですが、紫外線アレルギーを悪化させないように、日焼け止めなどの紫外線対策が必要です。

 

 

 

 

一方で、日の出直後や日の入り直前の空の赤みが目立つ時間帯には、紫外線はほとんどゼロに近いところまで減り、

 

 

 

 

可視光線が原因で引き起こされるタイプの日光アレルギーや紫外線アレルギーでなければ、その症状が落ち着いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これは意外と知らない人も多いかもしれませんが、夏の朝8時くらいのころの紫外線の強さは、冬の真昼の紫外線量とほぼ同じだというデータがあり、夏場は本当に油断できない季節です。

 

 

 

 

夏の季節は、紫外線量は時間ごとに気をつけてください。外出するときは日焼け止めクリームなどを塗って対策しましょう。

 

 

 

 

薄曇りでも紫外線はかなり多く浴びることになる?!

 

 

 

 

晴天の時と比べて大きな差がありますが、雨や曇りの日でも紫外線は地表に届いており、決して油断してはいけません。

 

 

 

 

快晴の日に地表に届く紫外線を100%とするのであれば、大雨で空が暗く感じる時でも20%〜30%はあります。

 

 

 

 

薄曇りの場合は50%〜70%はありますので、天気が悪くてもたくさんの紫外線を知らないうちに浴びることになり、紫外線アレルギーを何故か発症してしまうという事態に陥ります。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

雲は水滴の微粒子によって光の方向を錯乱、または分散によって散らしてしまいますが、基本的には水滴なので、紫外線はそのまま通してしまいます。

 

 

 

 

地表から雲までの距離が近いところでは、帽子の紫外線防止効果や、日焼け止めクリームなどの効果は晴れた日より低くなることがあると考えられています。

 

 

 

 

また、海水浴などで曇りだから安心などと考えて、つい浜辺に長くいれば結局快晴の日に浜辺にいた時と同じくらいの紫外線を浴びることになり、紫外線アレルギーを悪化させてしまいます。

 

 

 

 

確かに木陰に隠れれば、紫外線の直射などは避けることができますが、それでも油断はできません。

 

 

 

 

空中での散乱や地表からの反射のために、直射の場合の40〜50%もの紫外線を浴びることになり、日光アレルギーや紫外線アレルギーなどを悪化させてしまうでしょう。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

夏の真昼頃に日陰にいてもサンバーンを起こすのは、そうした散乱や反射のせいなのです。

 

 

 

 

地表面の紫外線反射は、アスファルト・コンクリートで20%、水面で20%、芝生や土で10%以下などとなっており、決して油断できません。

 

 

 

 

アスファルトを歩くときに反射して当たる紫外線が加わって、普通より120%の紫外線を浴びることになり、外出するときは気をつけてください。

 

 

 

 

また、夏の白い白浜や、冬のスキー場でかなり強く日焼けしてしまうのは、太陽からの直射日光の紫外線に加えて大量の反射光を浴びてしまうためで、

 

 

 

 

雪による光の反射があると、なんと雪がないときの1.8倍もの紫外線を浴びることになりますので、紫外線アレルギーの方は気を抜かずに日焼け止めクリームなどの対策を怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

以上になります。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ