紫外線アレルギーの対策は子供の頃から必要!

紫外線アレルギーの対策は子どもにも必要!

紫外線アレルギーの対策は子どもにも必要!

紫外線アレルギーを自分の子供などに将来かかってほしくないと思う人がいるのであれば、紫外線対策を、子供の時から始めておかなくてはいけません。

 

 

 

 

紫外線アレルギー、日光アレルギーもそうですが、こうしたアレルギーは、アレルギーの原因となる物質に対する抗体が、一定量を超えてしまったがために引き起こされます。

 

 

 

 

つまり、紫外線を浴びる回数が、小さい時から積み重なっていくと、将来、数年経った時に、

 

 

 

 

ある時を境に日光を浴びるたびに蕁麻疹などのアレルギー反応を見るようになり、紫外線アレルギーが発症してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線を無防備に浴びることの積み重ねが、人によってはこうして紫外線アレルギーを発症してしまうケースは少なくありません。

 

 

 

 

だから、こうしたことを自分または、子供になってほしくないためにも、小さい頃からの対策が必要になるのです。

 

 

 

 

これは有名な話かもしれませんが、一生に浴びる紫外線量のうち、50%は18歳くらいまでに浴びてしまうとされていて、

 

 

 

 

ちょうど乳幼児から高校生くらいまでの間に、どれくらいの紫外線を防ぐことができるかによって、今後の紫外線アレルギーなどの病気を数年後とかに発症せずに済むかが決まります。

 

 

 

 

むやみに日光浴をさせない!

 

 

 

 

まず、育児者の方は、乳児へのむやみな日光浴はやめましょう。戸外で遊ばせる時も、日陰を利用するなどして無駄な日焼けをさせないようにするのです。

 

 

 

 

ジャングルジムや砂場、滑り台といった施設に日よけの場所があればいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園や小学校、中学校で戸外の活動をするときには、ぜひ帽子を着用させたり、できれば日焼け止めクリームを塗るなりしたほうがいいですね。

 

 

 

 

帽子は後頭部にひさしを長く伸ばしたもので、ふちが7センチm以上のものが理想ですが、後頭部分がない野球帽でもふちが10cmくらいあれば、顔の正面の紫外線は約70%はカットできます。

 

 

 

 

太陽にさらされる腕や首などには日焼け止めクリームなどを塗って対策を怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が子がまだ小さいうちに、こうした対策を練って実践することで、将来紫外線アレルギーや、紫外線が元になる他の病気を、早い段階で発症することを防ぐことができます。

 

 

 

 

子供を育てられている方は、ぜひここに書かれていることを意識して、実践してください。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ