紫外線アレルギーを日焼け止めで治療

紫外線アレルギー対策を考えた日焼け止め特化の生活方法

紫外線アレルギー対策を考えた日焼け止め特化の生活方法

紫外線アレルギーや日光アレルギー、日光蕁麻疹に悩んでいる方は、日頃の生活をどう過ごされているでしょうか?

 

 

 

 

紫外線アレルギーなどは紫外線が原因で起こるものですから、どうしても外出するときに避けるのが難しい、もしくは対策が面倒くさいとか、方法がわからないという方もおられると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、しっかりと外出した時に日焼け止めクリームなどの日焼け止め対策で、紫外線を防がなければ、一向に改善しませんので、やらざるを得ません。

 

 

 

 

そこで今回は、紫外線アレルギーの日焼け止め対策に特化した生活方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

夏場だからこそ露出は控えめに。

 

 

 

 

ここから、紫外線を防ぐ方法を更に具体的に解説していきましょう。暑い夏場なんかは、紫外線が特に強いですから、服装などの気配り一つで、多くの紫外線を防ぐことができます。

 

 

 

 

例えば、暑い時期でも長袖のものを着たり、素足は避けてストッキングや靴下を履くといったちょっとしたことで構いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真夏には少し暑苦しく感じるかもしれませんが、長袖の服を着る場合には首の部分をカバーできるハイネックのものをお勧めします。

 

 

 

 

また、紫外線をカットする繊維を使った衣服を着て、紫外線アレルギー対策を行うのもいいでしょう。

 

 

 

 

長袖は暑くて耐えられないかもしれませんが、そういう時は無理をせず、腕にサンスクリーン剤(日焼け止めクリームなど)をぬればいいです。

 

 

 

 

ここで塗る場合の紫外線アレルギー対策で使う日焼け止めクリームのSPF値ですが、30以上あるのが望ましいですね。

 

 

 

 

夏場は汗で流れていってしまうところもありますし、その分塗る回数が多くなりますから、少しでも効果が持続するものを選んで、消費する回数を減らしましょう。

 

 

 

 

着ている姿を想像すると笑われるかもしれませんが、真夏に1日中屋外で過ごす時なんかは、徹底的に遮光するためのヘルメットをかぶり、ふちに紫外線カットの布を垂らして顔を覆うのも効果があります。

 

 

 

 

紫外線アレルギー対策の住まい方

 

 

 

 

太陽光、紫外線はちょっとしたところから入り込んできます。朝、雨戸を開ける隙間にもサッと入ってきます。

 

 

 

 

空気の入れ替えや洗濯物を干す時などには、直射日光に皮膚を晒すことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの2〜3分でも遺伝子には数千個の傷がつくと言われていて、紫外線アレルギーの方も、重症の場合はそれで発症してしまう可能性がありますね。
 

 

 

 

そのため、日常的な日焼け止めクリームを塗るような習慣をつけていく必要があります。

 

 

 

 

紫外線の種類の話を次にしていきますが、紫外線Bは、厚さが5ミリ以上ならガラスに吸収されて入ってきません。

 

 

 

 

しかし、普通の家庭ではそういう厚いガラスはあまり使われていないので、特に日が差す部分やよく使う部屋の窓は、紫外線をカットするフィルムを貼り、完全に遮断することをおすすめします。

 

 

 

 

逆に紫外線AはBが皮膚の表皮に当たるまでにとどまるのに対して、真皮の線維系細胞に直接作用し、紫外線アレルギーに対して激しい症状を促します。

 

 

 

 

そういったこともありますから、家の中にいても油断せずに、徹底した紫外線アレルギー対策を行わなくてはいけません。

 

 

 

 

紫外線アレルギー対策のための仕事環境の工夫

 

 

 

 

特に戸外で働いたり、活動する機会の多い人は、紫外線アレルギーの対策を考えて欲しいところです。もちろんこれは紫外線アレルギーを患っていない人も同じです。

 

 

 

 

仕事の場合、可能であれば時間帯をずらしたり作業内容を変えたりして紫外線を直接浴びる時間を出来るだけ少なくすることが望ましいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいでしょうが、可能であればそうしてください。

 

 

 

 

また、外交員などの屋外での仕事は日焼け止めクリームなどのアイテムが必須で、長袖を着用することをおすすめします。

 

 

 

 

以上が、紫外線アレルギーの方に特に実践していただきたい生活方法です。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ