紫外線アレルギーを日傘で日焼け止め

日傘を使って紫外線アレルギー対策!

日傘を使って紫外線アレルギー対策!

紫外線アレルギーを対策するうえで、日焼け止め効果を狙った方法で対策するのは鉄板の方法なわけですが、日焼け止めクリームとかではなく、日傘を使った方法を実践している方はいますでしょうか?

 

 

 

 

日傘での紫外線アレルギー対策となると、女性がするイメージがありますが、その方法を十分に理解している方は少ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、この記事にて紫外線アレルギーを対策するための日傘対策について、詳しく解説していきたいと思いますので、よかったら以下より読んでいってください。

 

 

 

 

それでは以下より見ていきましょう。

 

 

 

 

日傘で紫外線アレルギーを防ぐ!

 

 

 

 

日傘といえば、女性の必携アイテムの印象が強いですが、男性も恥ずかしがらずに、できれば紫外線アレルギーの原因である紫外線を防止する方法に使わないわけにはいきません。

 

 

 

 

特に4月から9月の晴れた日の日差しは厳しく、紫外線量も増えていきますから、紫外線対策は必須です。

 

 

 

 

特に日に当たるとすぐ赤くなるタイプの人は、4〜9月の時期に外出する場合や、太陽光が厳しい南国に旅行したり、海抜1500m以上の高所に住んだり、訪問したりするときは、日傘をさして帽子をかぶるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日傘は直射日光の90〜95%を遮ってくれます。日傘の布地が紫外線を吸収してくれるのです。

 

 

 

 

布地の色は黒が一番効果的ですが、ありがたくないことに熱も吸収してしまいますから、日傘の中は暑くなってしまいます。

 

 

 

 

薄い色の傘でも、紫外線カットも効果はありますから、そこは心配せずにそういった色合いの傘を、紫外線アレルギー対策に使うといいでしょう。

 

 

 

 

ただし、空気中に散乱している光、壁や地面から反射してくる紫外線までは防げませんから、1日中日傘を指していても紫外線は浴びてしまいます。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

もちろん浴びる量はだいぶ減らすことはできますが、アスファルトや砂浜から反射したような紫外線までは、日傘だけでは防げませんから、日焼け止めクリームを十分に塗って、2重に対策しておく必要がありますね。

 

 

 

 

また、日傘の中には傘の部分に穴があいた部分があるものがありますが、これは使わないほうがいいでしょう。

 

 

 

 

穴が大きいほど、そこから紫外線が入ってきてしまいます。

 

 

 

 

近頃では紫外線をカットする繊維を使った日傘も売られており、それなりの効果があります。

 

 

 

日傘は服装に合わせて使えるように5本くらいは用意しておいて、ファッション感覚で楽しみながら、紫外線アレルギー対策をするといいでしょう。

 

 

 

荷物で少しかさばったりするかもしれませんが、オススメの方法です。

 

 

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ