紫外線アレルギーを日焼け止めで治療

紫外線アレルギーを防ぐ日焼け止めクリームの選び方

紫外線アレルギーを防ぐ日焼け止めクリームの選び方

紫外線アレルギーを防ぐ方法としてよく挙げられる、日焼け止めクリームといっても、実に様々なタイプの商品が売られていて、どれが自分に合うものなのか、わからない人も多いと思います。

 

 

 

 

SPF値が低いものから高いもの、耐水性のあるもの、ないもの、クリーム状のものや液状のものなど、どれを選んだらいいのか本当に迷いますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い求めるときは、その商品の機能や個性を十分理解し、何よりも自分の肌に合ったものを選ぶようにします。市販で売っているものなら、薬局や薬品店の方と相談した上で選ぶのがいいでしょう。

 

 

 

 

効果や使い勝手、値段なども気になるところですが、気をつけていただきたいのはSPF値にだけ注目して選ばないようにすることと、使う場所や場合を考えて選ぶことです。

 

 

 

 

日焼け止めクリームのようなサンスクリーン剤にも、使用の際のTPOがあります。

 

 

 

 

自分のスキンタイプに合ったものを。

 

 

 

 

まずは、自分のスキンタイプにあったものを選んでいきます。

 

 

 

 

スキンタイプは次のように3つに分類できますので、自分に当てはまるものはどれなのかを考えてみてください。

 

 

 

 

今回は、真夏の正午に1時間日光に当たった場合を想定した時のスキンタイプの分類を行います。

 

 

 

 

  • 1日以上赤みを帯びてあまり黒くならない「スキンタイプT」
  • 1日ほど赤みを帯びてかなり黒くなる「スキンケアタイプU」
  • あまり赤くならずに1日以内で黒くなる「スキンケアタイプV」

 

 

 

 

このスキンタイプは、あらかじめ人それぞれが持っている遺伝子の情報の違いによって決められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、スキンタイプは生まれつきのものであって、生涯変わることはありません。

 

 

 

 

ということは、これまでの経験から自分のスキンタイプがある程度分かっているはずですから、

 

 

 

 

日焼け止めクリームで紫外線アレルギーを対策する際にどんなものを選んだらいいかをしっかり考えていただきたいのです。

 

 

 

 

例えば、日光に当たるとすぐに肌が赤くなってしまう「スキンタイプT」の人は、それだけ紫外線の影響を直に受けやすいということで、紫外線アレルギーや日光蕁麻疹を患っている方の多くはこのタイプにあたります。

 

 

 

 

この場合は、肌が赤くなりにくい「スキンタイプV」の人よりもSPF値が高い商品を選ばなくてはいけません。

 

 

 

 

そうですね、最低でもSPF30以上のものは選んでおきたいところですね。
もし外出で1時間以内で済むとかであれば、SPF15〜20くらいのものでもいいでしょう。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

また、「スキンタイプV」の人でも、外出が3時間以上になるなら、20以上のモノをつけておくといいでしょう。ここで約2時間おきくらいに塗り直すことも重要です。

 

 

 

 

また、真夏の日中、海や山でスポーツをする際には、どのスキンタイプの人でもSPF30以上のものを選んでおいたほうがいいですね。

 

 

 

 

あなたの肌に安心して使える日焼け止めクリームを。

 

 

 

 

紫外線アレルギーの対策を行う上で、日焼け止めクリームが肌に優しく、使い心地がいいかどうかも選択の条件になります。

 

 

 

 

まず、市販のサンスクリーン剤、日焼け止めクリームには紫外線吸収製剤配合や散乱剤配合といった表示がされているものが多いです。

 

 

 

 

吸収剤配合というのは、肌に塗った吸収剤の成分が紫外線を一旦吸収し、それを熱エネルギーに変えて放出する光化学的な反応を利用したものになります。

 

 

 

 

また、散乱剤配合というのは、散乱剤の成分が文字通り紫外線を跳ね返してしまう物理的な反応を利用したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここで日焼け止めクリームを利用して、紫外線アレルギーの対策をされようとされている方の中には、日焼け止めクリームそのものが有害なものになってしまうのではないかと心配する人もいることでしょう。

 

 

 

 

でも、その心配はあまり必要ありません。

 

 

 

 

それよりも、SPF値の高い日焼け止めクリームは、人によっては刺激があってヒリヒリすること、紫外線吸収剤が入ったものはべとつきやすく、また人によってはかぶれを生じることがあるというのがあることを気を付けなくてはいけません。

 

 

 

 

肌が敏感でかぶれやすいという人には、紫外線吸収剤配合のものよりは、散乱剤を主な成分として含んでいるものを選ばれることをおすすめします。

 

 

 

 

なぜならば、散乱剤の場合はほとんどが化学的に活性がないので肌に影響を与えず安全性が高いからです。

 

 

 

 

紫外線吸収剤の方は紫外線を熱エネルギーに変えて反射する過程で化学的な作用があり、肌によっては相性が悪くなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、紫外線アレルギーのような、紫外線に対して過剰に反応してしまう人の場合は、紫外線吸収剤が配合されているような日焼け止めクリームは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

紫外線吸収剤では、ある波長の紫外線を吸収し、そのエネルギーによって生物反応を起こす可能性がありますが、散乱剤は紫外線を吸収しないので、化学反応を起こす可能性がほぼありませんので、安心できます。

 

 

 

 

紫外線アレルギーのような肌が敏感な人には、特別に敏感肌用に調合された日焼け止めクリームもありますので、紫外線カットの効果と、効果持続時間が高いものを選ばれることをおすすめします。

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ