紫外線アレルギーを日焼け止めで治療

高性能日焼け止めクリームと紫外線アレルギー

高性能日焼け止めクリームと紫外線アレルギー

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹に悩んでいる方の多くは、日焼け止めクリームや日傘などによる対策を行っていることでしょうが、中でも日焼け止めクリームの使用率はかなり高いはずです。

 

 

 

 

紫外線対策といえば日焼け止めクリームと、真っ先に思い浮かぶくらいに浸透しているものでしょう。

 

 

 

 

その日焼け止めクリームの中にも、色々な種類があり、あえて効果を抑えてある低性能なものから、日焼け止め効果の持続時間が長かったり、遮断効果の高い高性能なものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも高性能な日焼け止めクリームは、紫外線アレルギーや日光蕁麻疹に大きな効果をもたらすと言われています。

 

 

 

 

今回お話するのは、そんな紫外線アレルギーに効果があるとされる高性能日焼け止めクリームについてです。

 

 

 

 

現在日本では、50種類以上の日焼け止めクリームが売られているとされていて、それらの持つSPF値の違いなどは、商品によってそれぞれ違います。

 

 

 

 

最近ではSPF値が50を超えるものもあり、紫外線アレルギー対策として、より活躍できそうな日焼け止めクリームが増えてきたという印象です。

 

 

 

 

しかし、だからといって高性能なものであればあるほどいいのかと言われるとそうではなく、ようは使いようで、あなたの紫外線による症状や皮膚タイプに合わせて、使用しなければいけません。

 

 

 

 

ではどういったところに気を付けなくてはいけないのか、以下より解説していきます。

 

 

 

 

SPF値が高いからいいものとは限らない?!

 

 

 

 

SPF値は高ければ高いほどいいというものではありません。
おそらく、紫外線に悩む人たちの多くは、ここら辺の認識を誤っている可能性が高いです。

 

 

 

 

実は、SPF値は、数値が高ければ紫外線の害に対する防御率も比例して高くなるというものではありません。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

SPFが30とか前後なら、防御率はどんどん上がる傾向を見せますが、30を明らかに過ぎると、効果の上昇は緩やかになり、自分が思っていた以上の効果を得られないことがあります。

 

 

 

 

SPF値は、サンバーンをどれだけ防げるかを表す指標であり、実は紫外線が及ぼす皮膚組織への害に対して、どの程度の日焼け止めクリームがどの程度の効果をもたらすのかについて、まだ明らかになりきっていない部分があるのです。

 

 

 

 

高いSPF値の日焼け止めクリームを使用することでまず気をつけていただきたいのは、紫外線Bの吸収剤や散乱剤を多く含んでいる可能性があるということです。

 

 

 

 

この紫外線吸収剤や散乱剤の配合によって、アレルギー性皮膚炎などの副作用の心配があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、吸収剤や散乱剤によるベタつきやのびの悪さも指摘されており、さらに付けた部分が白くなるので、

 

 

 

 

つい規定量より薄く塗ってしまい、かえって紫外線を浴びてしまって紫外線アレルギーを発症してしまうかもしれません。

 

 

 

 

高性能日焼け止めクリームの有用性

 

 

 

 

前述したとおり、SPF値が高いからといって、それがさらなる紫外線対策の効果を生み出すというわけではなく、

 

 

 

 

むしろそこに含まれている吸収剤などの成分によって、別の皮膚トラブルを起こすことがあるということをお話しました。

 

 

 

 

でも、だからといって高いSPF値を持つ日焼け止めクリームが不要であるというわけではありません。

 

 

 

 

使用するタイミングや時期を、紫外線量の多い時期や地域などに応じて高性能日焼け止めクリームを使い分けることが大切なのです。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

これらの使用によってアレルギー性皮膚炎が心配される方もおられるかもしれませんが、正直かなり限られた、ごく少数のケースなので、本格的に使用する前にテストを行うくらいすれば、害を被ることはそうありません。

 

 

 

 

また、一般の健康な人であれば、そういうことを気にして、一回りSPF値が抑えられたものを使用することになるでしょうが、

 

 

 

 

紫外線に過敏に反応する紫外線アレルギーの方にとっては、遮光効果の高い高性能日焼け止めクリームは治療に大きな効果をもたらすため、非常に重要です。

 

 

 

 

最近では、当サイトで紹介している日焼け止めクリームのように、高性能で、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めクリームもありますから、もし紫外線アレルギーを本気で治療していきたいと考えているのであれば、試してみてもいいと思いますよ!

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ