日光蕁麻疹の原因になる薬

チアジド系降圧薬とピルフェニドン

チアジド系降圧薬とピルフェニドン

チアジド系降圧薬は、1950年代後半に高血圧症の治療薬として、利尿作用のあるクロロチアジドが発売され、当時からチアジド系の薬は光毒性があることは知られていました。

 

 

 

 

そのあと、ヒドロクロロチアジドなど様々なチアジド系の薬が開発され、その使用頻度とともに、この薬剤による日光蕁麻疹も含む光線過敏症が増加していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、1960年から現在に至るまで、カルシウム拮抗薬やβ遮断薬などが開発され、チアジド系の薬の使用頻度が減少したというところはあるのですが、

 

 

 

 

2008年以降から、ガイドラインの変更により、またチアジド系の降圧薬による日光蕁麻疹のような光線過敏型の薬疹が増えてきています。

 

 

 

 

チアジド系薬剤による日光蕁麻疹などの光線過敏症は、光アレルギー反応によるものと考えられ、さらに薬剤が作用波長の光を吸収すると化学構造が変化して、症状が引き起こされると考えられます。

 

 

 

 

また、チアジド系降圧薬以外にも、日光蕁麻疹の発症の原因になるようなものには以下のようなものがあります。

 

 

 

 

ピルフェニドン

 

 

 

 

ピルフェニドンは、2008年に特発性肺腺維症の治療薬として発売された薬です。

 

 

 

 

開発時から光毒性を示すことで知られていて、開発試験においても、過半数の症例で光線過敏症が報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、この薬を使用するにあたっては、以下の点に気をつけてください。

 

 

  1. 使用にあたっては、光遺伝毒性試験において染色体構造異常を示し、光曝露に伴う皮膚の発がんの可能性があることを患者に十分に説明し、理解したことを確認した上で投与すること。
  2. 外出時には、長袖の衣服、帽子等の着用や日傘、日焼け止め効果の高いものの使用により、紫外線に当たることを避けることなど、光曝露に対する防護策を講じること。

 

 

まだまだ他にもあるのですが、日光蕁麻疹などの光線過敏症を避けるのであれば、このチアジド系降圧薬と、ピルフェニドンという薬には気をつけてください。

 

 

 

 

この二つには、光に当たることで科学反応を起こし、皮膚などに炎症を生じさせることがあります。

 

 

 

 

日光蕁麻疹に既にかかっているという方は、この薬の投与をやめるか、日焼け止めや遮光サングラスなど、日光を防ぐ治療・対策をしっかり行うようにしてくださいね!

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ