日光蕁麻疹や紫外線アレルギーを日焼け止めで対策

紫外線ってどんなもの?

紫外線ってどんなもの?

紫外線アレルギーや光線過敏症である日光蕁麻疹は、どれも多くの場合は紫外線が原因で引き起こされる場合がほとんどです。

 

 

 

 

でも、その紫外線にも様々な要素と危険があり、それらの危険は紫外線アレルギーに関係があったりします。

 

 

 

 

そんな紫外線ですが、まずいくつかの種類に分けられます。紫外線は太陽から届く光の一種で、その光の中には様々な波長の紫外線が存在しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽からは波長の違う色々な光が発せられていますが、その多くは途中で酸素やオゾンなどに吸収されてしまい、残った光が地表に届くようになっています。

 

 

 

 

まず、一番波長の弱い紫外線C(UVC)は、大気中の酸素やオゾン層で吸収されてしまうため、地表にはほとんど到達しません。

 

 

 

 

むしろ、人工光線として医療の場や食品売り場などで殺菌灯として使用されています。

 

 

 

 

一方で紫外線A(UVA)は一番波長が長く、私たちが浴びている紫外線の90〜95%を占めていて、紫外線B(UVB)は波長の長さがAとCの間にあり、ほんのわずかしか地表に届いていません。

 

 

 

 

しかし、太陽光線は波長が短いものほど強力なエネルギーを持っているため、紫外線Bは紫外線Aより皮膚に強い刺激を与えます。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Aに比べて1000倍以上の有害作用を持つと言われ、紫外線アレルギーも含めて、紫外線の害のほとんどがこの紫外線Bによるものといってもいいほどです。

 

 

 

 

紫外線は皮膚に吸収されると活性酸素を作り、遺伝子DNAを傷つけます。

 

 

 

 

DNAに傷がつくと皮膚がんの原因を作り出してしまいますし、紫外線は皮膚の免疫力を低下させてしまう危険を持っています。

 

 

 

 

この免疫力の低下によって、皮膚の代謝が低下したりして、菌が繁殖しやすくなったり、紫外線アレルギーのようなアレルギー症状を引き起こしてしまうことにつながってしまいます。

 

 

 

 

以下の記事では、紫外線A、B、Cについて詳しく解説していますので、よかったら参考にしてください。

 

 

 

 

UVA・UVB・UVCの違い
 
 
 
 
ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ