紫外線アレルギーを治療

ガラス越しの紫外線は問題ないのか?

ガラス越しの紫外線は問題ないのか?

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹の原因となる紫外線は、外出時に浴びるのもそうですが、家にいるときでも油断は禁物で、ガラス越しで家の中に差し込んできます。

 

 

 

紫外線アレルギーを持つ方は、紫外線もしくは日光に異常に過敏ですから、ガラス越しでの僅かな紫外線量でも、浴びると症状が出てしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

特に春や夏の季節の快晴時の昼間などは、隙あらば家の中に紫外線や日光は入ってきますから、油断できないったらありゃしません。

 

 

 

そんなガラス越しでもやって来る紫外線は、どうやって防ぐべきなのか、どれくらい影響があるのかについてこの記事で解説していきたいと思います。

 

 

 

ガラス越しの紫外線は大丈夫なのか?

 

 

 

紫外線とひとくくりにしていますが、紫外線にもA・B・Cの3タイプが存在し、その中でも紫外線アレルギーの発症につながるのが、紫外線A波とB波です。

 

 

 

まず、紫外線Bは、多くはガラスに吸収され、性質上厚さが5ミリ以上のガラスであればまず室内には入ってくる心配はありませんが、

 

 

 

5ミリ以下の薄いガラスであれば、防ぎきれなかった紫外線B波が家に入り込んできてしまいます。

 

 

 

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹の多くは、紫外線B波が原因であるという話もありますので、家の日が入る窓や、よく使う部屋の窓がどんなガラスでできているのかを一度調べてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

重度の紫外線アレルギーであれば、窓ガラスの張替えをオススメします。家にいてまで日焼け止めクリームはなるべく使いたくありませんからね。

 

 

 

一方で、紫外線A波は性質上ガラスを透過してしまいます。

 

 

 

紫外線A波は紫外線B波に比べて皮膚への影響が約1000分の1とすくない代わりに、ガラスなどを透過しやすいという危険があるのです。

 

 

 

この場合、ただ分厚いだけのガラスでは防ぎきれませんので、最近では紫外線カット機能があるガラスが販売されていますから、そちらを購入されることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今ある家のガラスを紫外線カット機能が付いたガラスに張り替えるのは手間もお金もかかりますから、

 

 

 

紫外線防止フィルムをガラスに貼ることで、手軽に紫外線アレルギー対策ができます。 

 

 

 

もちろん、家の中だけでなく、自動車の窓にも紫外線は入り込んできますから、そんな時のためにも自動車の内側から塗るタイプの紫外線防止剤も使っておくことをおすすめしますよ。

 

 

 

最近では自宅の窓用に買う人も多く、人気があるので買ってみてください。

 

 

 

もし、身の回りのガラスが紫外線対策されていないのであれば、なるべく紫外線アレルギーや日光蕁麻疹の発症回数を減らすためにも、上記の方法で対策を行っておくようにしましょう。

 

 

 

ではでは!


ホーム RSS購読 サイトマップ