紫外線アレルギーを日焼け止めで対策

海や山での紫外線アレルギー対策

海や山での紫外線アレルギー対策

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹は、春や夏の季節に心配されますが、特に夏場に増える海や山への外出には、気を付けなくてはいけません。

 

 

 

 

あなたが思っている以上に、普段よりも大量の紫外線を浴びることになり、せっかくの旅行も紫外線アレルギーで台無しになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうならないためには、山や海で浴びることになる紫外線の性質と、効果的な紫外線対策を知る必要があります。

 

 

 

 

以下より、どうやって対策していけばいいかについて解説していきたいと思います。

 

 

 

 

海や山での紫外線対策とは?

 

 

 

 

紫外線から身を守るために最も確実な方法は、戸外へ出ずに、家の中でもガラスなどを遮光ガラスにして、日光の侵入を一切遮断し、関係を持たないことです。

 

 

 

 

でも、育ち盛りの子供にはちゃんと外でも活動して健康に生活を送ってもらいたいですし、

 

 

 

 

大人でも紫外線アレルギーを引き起こすのが嫌だとかの理由で、家に閉じこもっているのは精神的にも肉体的にもいいものではありません。

 

 

 

 

ましてや四季がはっきりしている自然の豊かな日本ですから、外に出て活動することによって季節の移り変わりを実感し、心身ともにリラックスできる環境を作ることができます。

 

 

 

 

その時々に応じた楽しみ方をして心豊かな生活を送るためにも、戸外へ出ることは大切なことだと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で、近年、中高年の登山が静かなブームになっていて、森林浴などもそれに並んで人気があり、山や高地に出かける機会が多くなってきています。

 

 

 

 

でも、標高の高いところは思いのほか紫外線が強くなる傾向にあり、重度の日光蕁麻疹や紫外線アレルギーを持っている方にとっては、かなり厳しい環境だと言えます。

 

 

 

 

登山の場合、1000m登るごとに6〜10%くらいの割合で紫外線が強くなるとされていて、

 

 

 

 

空気が澄んでいるとチリやホコリなどといった紫外線を吸収してくれるものが少ないため、皮膚へ紫外線のダメージが直接届くことになってしまいますね。

 

 

 

 

空気が美味しいなどと思うのは構いませんが、あなたの知らないうちに紫外線を大量に浴びているという事実は知っておくべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、空気が澄んでいて気持ちよくて気が緩んでしまうのはわかりますが、面倒くさがらず帽子をかぶって紫外線を咲きることが大切です。できれば帽子はUVカット効果のあるものがいいですね。

 

 

 

 

もっと言えば、紫外線は地表から反射してしたから襲ってくる場合も多いですから、帽子をかぶると同時に日焼け止めクリームを使うといいでしょう。

 

 

 

 

一方で、プールや海で泳いでいるときは日焼け止めクリームを上手にいかに使うかが重要です。

 

 

 

 

夏場だと海辺に行くと自然と汗をかいたり、水に触れたりすることが多くなりますから、汗や水で流れてしまうようなものではなく、ウォータープルーフタイプという、水に強く、流れ落ちにくいものを使うようにしてください。

 

 

 

 

これによって、事あるごとに日焼け止めクリームの塗り直しを繰り返す必要はなくなります。

 

 

 

 

でも、ウォータープルーフタイプのものは、紫外線吸収剤を使っているものが多く有り、
肌が敏感だったり弱い人にとっては、場合によってはかぶれを起こすこともありますので不安ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、太陽の下にいる時間の長さによってSPF値の違う日焼け止めクリームを使うことがいいとされていますが、

 

 

 

 

日光蕁麻疹や紫外線アレルギーといった紫外線に敏感な方は、SPF30以上は最低でも装備しておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重度の紫外線アレルギーになってくると、ちょっとの紫外線量で症状が出てしまいますから、油断できません。

 

 

 

 

また、水から上がった時は、休憩時に甲羅干しはしないようにして、長袖でフードのついた上着やタオル、帽子を用意しておき、直ぐに羽織るようにするといいでしょう。暑いでしょうがそこは我慢です。

 

 

 

 

近くにあれば、大きなパラソルや日よけのついた建物に入るのがベストですね。それが無理ならしっかりと日焼け止めクリームを塗って対策しましょう。

 

 

 

 

また、乾いた砂浜や焼けたプールサイドは反射紫外線が一段と強くなっていますから、下からの紫外線も気をつけて対策するようにしてください。

 

 

 

 

毎年、海や山は夏場になると行く人も多いはずです。

 

 

 

 

ぜひこの記事に書かれていることを意識して、紫外線対策をばっちし行って楽しい夏場の生活を送ってください。

 

 

 

 

ではでは!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ