日光蕁麻疹を日焼け止めで治療

UVA・UVB・UVCの違い

UVA・UVB・UVCの違い

日光蕁麻疹の原因は、主に日光や紫外線などのからくる光線が原因で引き起こされる蕁麻疹です。

 

 

 

 

その光線の中でも、紫外線を防ぎ、紫外線アレルギーの対策するのが、日光蕁麻疹の治療で最も効果的な方法になります。

 

 

 

 

そして、その紫外線の中で、さらにUVA・UVB・UVCという3つの波長のものに分けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つの波長は、紫外線カット素材をつかった商品にも関わっていて、「UVB○○%カット!」というように、どれだけその紫外線をカットできるのかにおいて、示されていることが多いです。

 

 

 

 

まず、太陽から発せられる太陽光の中には、上記3つの波長の種類の紫外線がありますが、UVCは、物質による吸収が著しく、通常は大気を通過することができません。

 

 

 

 

ですから、UVCという波長の紫外線は、僕たちの生活にはほぼほぼ関係のないものだと言えます。もちろん、現段階ではという話ですので、今後オゾン層の破壊が進んでいけばわかりませんが。

 

 

 

 

今のところで考えて、僕らが、日光蕁麻疹や紫外線アレルギーの対策で、日焼け止めなどで治療をしていく際に防いでいく波長の紫外線は、主にUVBとUVAになります。

 

 

 

 

特に、地表に到達する紫外線の中でもUVAが最も多いため、紫外線アレルギーに対する日焼け止めなどをしていく際には、このUVAを特に抑える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UVBとUVAとどちらが照射量が多いかというと、UVAの方が圧倒的に多いですからね。

 

 

 

 

まず、UVAには以下の特徴があります。

 

 

 

  • 波長が長く、表皮から真皮にまで至る。
  • 雲やガラスをも突き通す。
  • 普段は赤みや炎症が起きにくいので気づかない。
  • 日常生活で、気づかないうちに日焼けすることが多い。

 
 

 

次に、UVBの特徴は以下です。

 

 

 

  • 波長が短く、届くのは表皮まで。
  • 屋外での日焼けの主な原因。
  • 肌に強く作用し、炎症を起こしやすい。
  • 海などでのレジャー日焼けの原因になる。

 

 

 

これら2つを比べると、特に違いがあるのは、その紫外線が肌のどこまで行き届いてしまうのかの違いでしょう。

 

 

 

 

UVBはUVAに比べて照射量は圧倒的に少なく、当たると強いというイメージがありますが、

 

 

 

 

UVAは真皮にまで行き届くため、より強い刺激を、肌に気づかぬうちに与えてしまっている可能性があります。

 

 

 

 

また、UVBは表皮に影響を及ぼすとともに、日焼け、しみの原因を引き起こすのに対して、

 

 

 

 

UVAは、真皮にまで影響を与え、メラニンを悪化させ、肌を保つコラーゲンを破壊し、活性酸素を作ってしまいます。

 

 

 

 

しかもガラスや雲を通り越して肌に当たってきますから、光線の強さは実はこちらのほうが強いのです。

 

 

 

 

もちろん、UVBも危ないですから、対策をしておくのに越したことはありません。

 

 

 

 

でも、日光蕁麻疹や紫外線アレルギーが発症するのは、どちらでも原因になり得るにしても、特にUVAには気をつけておくべきでしょう。

 

 

 

 

まあ最近の日焼け止めクリームなどのサンスクリーン剤は、紫外線を幅広い範囲で対策できるくらい優秀なものも多いですから、そこまで分ける心配もないとは思いますけどね。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、小さい子供の時からこうした紫外線をモロに浴び続けていると、細胞分裂が活発な分、DNAに傷がついて病気にかかりやすくなってしまう可能性が高まってしまいます。

 

 

 

 

これは日光蕁麻疹や紫外線アレルギーが発症する危険性を上げているということも考えられるかもしれません。

 

 

 

 

もしあなたが今現在日光蕁麻疹や紫外線アレルギーにかかっていて、お子さんがまだ健常な状態でいるのであれば、早めの日焼け止め対策を行われることをオススメしますよ。

 

 

 

 

以上が、UVA・UVB・UVCの違いです。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ