日光蕁麻疹の光アレルギーも含めたアレルギーの解説

アレルギーとは?

アレルギーとは?

日光蕁麻疹が属する光アレルギー、光線過敏症は、いわゆるアレルギーの一種です。

 

 

 

 

アレルギーといっても広くいろんな意味で使われ、様々な症状や原因があります。

 

 

 

 

基本的にアレルギーは、体が異物とみなすものに対して、過剰に免疫反応が出て、皮膚なりなんなり、体のどこかの部分に、その反応による症状が現れる現象をさします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアレルギーにおける免疫反応、または免疫応答は、細菌、ウイルス、真菌、寄生虫感染などに対する特異的な生体防御機構で、

 

 

 

 

特に同一あるいは類似の微生物が反復侵入した際には、迅速な生体防御反応を示します。

 

 

 

 

体がその侵入してきたものを拒否し、過剰に反応してその影響で、蕁麻疹などの症状が出てくるというわけですね。

 

 

 

 

日光蕁麻疹の光アレルギーは、これが微生物ではなく、日光の紫外線などが原因で、生体防御反応を示し、アレルギーを引き起こすのです。

 

 

 

 

だから、日焼け止めなどの普段からの治療が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の内容から、つまり、これを含む、全般的なアレルギー反応は、通常は免疫応答を引き起こさない無害な外来物にたいして、過剰な免疫応答、反応を起こすことをさします。

 

 

 

 

または、外来もしくは自分が持つものに対して生体に過剰な有害の免疫反応を起こす過敏反応だとも言えます。

 

 

 

 

こうした、日光蕁麻疹の光アレルギーの原因である日光や紫外線も含む、様々なアレルギーの原因となるものを、アレルゲンといいます。

 

 

 

 

また、アレルギーは5つのタイプに分かれており、その中でも日光蕁麻疹は日光や紫外線を原因とする即時型アレルギーに分類されます。

 

 

 

 

この即時型アレルギーの特徴は、やはりそのアレルギーの原因となるものを体に取り込んでから症状が出るまでの早さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光蕁麻疹の場合は、日光や紫外線を浴びたら、基本的に数分後から数十分後に蕁麻疹を発症し、小一時間程度で消退します。

 

 

 

 

もちろん、多形日光疹のように、すぐに日光や紫外線を浴びて症状が出ないタイプもありますが、日光が原因で蕁麻疹が出る場合は、大体がこの即時型アレルギーと見ていいでしょう。

 

 

 

 

これを防ぐためには、しっかりと紫外線を防げるUVカットの日焼け止めクリームや、日焼け止め効果のある紫外線カットの服、サングラスの装備が重要です。

 

 

 

 

当サイトでは、そういう時のための日焼け止め対策用の商品を紹介させていただいておりますので、是非参考にしてください。

 

 

 

 

ありがとうございました!

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ