日光蕁麻疹の光アレルギーも含めたアレルギーの解説

5つのタイプのアレルギー

5つのタイプのアレルギー

日光蕁麻疹が属している光アレルギー、日光アレルギーは、全ては元をたどると「アレルギー」というところに集約されます。

 

 

 

 

で、このアレルギーというものには、5つのタイプで分かれており、その中でどのタイプに属しているかによって、症状などが全く異なってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、日光蕁麻疹や光アレルギーが、アレルギーのどのタイプに属するのかについての解説とともに、5つのタイプそれぞれの内容について説明していきたいと思います。

 

 

 

 

それでは以下より見ていきましょう。アレルギーには、以下の5つのタイプに分かれています。

 

 

 

  • T型アレルギー(即時型)
  • U型アレルギー(細胞障害型)
  • V型アレルギー(免疫複合体病型)
  • W型アレルギー(遅延型・細胞免疫型)
  • X型アレルギー(抗受容体抗体型)

 

 

 

これらのタイプによって、日光蕁麻疹などの蕁麻疹や、食物アレルギー、アナフィラキシー、気管支喘息など様々な症状があらわれます。

 

 

 

 

それでは1つずつ解説していきますね!

 

 

 

 

T型アレルギー(即時型)

 

 

 

 

このアレルギーは、光アレルギーに属している日光蕁麻疹に当てはまるアレルギータイプです。

 

 

 

 

似たような病気で遅延型の場合もまれにありますが、日光蕁麻疹の場合多くがこのT型アレルギーに属しています。

 

 

 

 

T型アレルギーは、花粉やダニなどの身体に侵入した異物に対して、身体がそれに対抗する抗体を作り出して反応するという現象を抗原抗体反応と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、異物に対して適切な攻撃であれば、「生体防御」の優れた働きです。

 

 

 

 

しかし、やたらに攻撃してしまい、生体防御の範囲を超えてしまったというのがT型アレルギーの正体です。

 

 

 

 

アレルギー自体は、狭義の意味では通常このT型アレルギーによるものをいいます。

 

 

 

 

この型のアレルギーは、異物を摂取してから症状が出るまでの時間が短時間で、15分〜20分で最高に達し、1時間程度で消退するのが特徴です。

 

 

 

 

日光蕁麻疹もこのタイプに属し、他にも、アトピー型喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症などもこのタイプです。

 

 

 

 

U型アレルギー(細胞傷害型)

 

 

 

 

このアレルギーは、赤血球、好中球、血小板、腺、粘膜上皮、組織基底膜などの細胞表面、細胞外にある異物に対する抗体によって引き起こされます。

 

 

 

 

 

 

 

例としては、食作用による細胞傷害や、ペニシリン、メチルドーパを原因とする補体結合性細胞融解、

 

 

 

 

そして、細胞膜にあるアレルゲンに抗体が結合し、補体が活性化されずにリンパ球の1種や好中球を介して結合し、それらの細胞により細胞傷害性物質が放出され、標的の細胞が傷害される抗体依存性細胞障害があります。

 

 

 

 

V型アレルギー(免疫複合体病型)

 

 

 

 

このアレルギーは、免疫反応により、抗体や補体などが互いに結合して免疫複合体を形成し、その免疫複合体が血流に乗って流れた先で、周囲の組織を傷害する反応です。

 

 

 

 

この免疫複合体が適切に除去されないがために、V型アレルギーというアレルギーが引き起こされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当てはまる疾患としては、血清病の際の腎炎、関節炎、糸球体腎炎、ループス腎炎などがあり、

 

 

 

 

典型的な血清病においては、アレルゲンが侵入して10日〜14日にピークを迎え、T型アレルギーを引き起こすこともあります。

 

 

 

 

W型アレルギー(遅延型・細胞免疫型)

 

 

 

 

このアレルギーは、アレルギーの原因となる物質と特異的に反応する細胞によって引き起こされます。

 

 

 

 

この細胞から様々な生理活性物質が遊離し、周囲の組織障害を引き起こすのです。

 

 

 

 

当てはまるものとしては、薬物アレルギーや金属アレルギーがあり、日光蕁麻疹とは違いますが、多形日光疹も、「内因性遅延型」として属しています。

 

 

 

 

 

 

 

特徴はそのアレルギー物質を取り込んでからの症状の起こるスピードです。T型アレルギーと違い、24時間後〜48時間で症状が起こります。

 

 

 

 

肉芽腫性炎症や、ニッケルやツタウルシによる接触皮膚炎、臓器移植の際の拒絶反応の大部分も、このW型アレルギーです。

 

 

 

 

X型アレルギー(抗受容体抗体型)

 

 

 

 

このアレルギーは抗受容体抗体型とも呼ばれ、抗体の作用により組織の機能が異常亢進または異常低下する疾患をX型アレルギーといいます。

 

 

 

 

唯一知られている異常亢進の例では、甲状腺機能亢進症があり、異常低下の場合は、重症筋無力症があります。

 

 

 

 

日光蕁麻疹とはあまり関係のないところですが、一応ここで紹介しておきました。(^^)

 

 

 

 

以上が、アレルギーの5つのタイプです。

 

 

 

 

日光蕁麻疹はT型アレルギー、日光蕁麻疹に似た多形日光疹は、W型アレルギーに属することがわかりました。

 

 

 

 

是非これを参考に、症状の見分けや、対策、治療に役立ててください。

紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹による慢性的なかゆみやヒリヒリした痛みを
防ぐには、紫外線から身を守る必要があります。



紫外線アレルギーによる炎症がひとたび起こると、
数日間その症状に苦しむことになり、痛みとかゆみを同時に味わうことになります。







その原因となる紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームで
紫外線から身を守る必要があります。



そこでオススメの日焼け止めクリームをランキングでまとめました!



【POLA】ホワイティシモUVブロック




容量:1個50g

価格:税込4104円

美白&スキンケアもできる日焼け止め!


ナチュラルハーブが香る虫除け効果に、スキンケアもできて一石三鳥の日焼け止め商品です。SPF50、PA++++の高性能日焼け止め商品で、紫外線アレルギーなど、紫外線に弱くて悩んでいる方に特にオススメ!容量も50gとボリューミーで、ウォータープルーフタイプなので、汗かきな人でも安心してお使いいただけます。


 

 



ソレオオーガニクス
 



容量:1個40g

価格:税込2376円

安心の100%オーガニック!


日焼け止めクリームによる肌への負担の不安から、日焼け止めクリームを選ぶのに悩むのもこれ1本で解決!オーストラリア製で100%オーガニック仕様の安心設計!紫外線吸収剤や有害な防腐剤などは一切入っていません。




 



ホーム RSS購読 サイトマップ